m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

救急HIV検査の受検率、提供方式で差

2016年2月5日  ソース:BMJ  カテゴリ: 血液疾患感染症救急

大学病院や外傷センターを救急受診した患者計4800例(13-64歳)を対象に、HIV検査提供方式の受検率への影響を無作為化試験で検証。受検率は、患者が希望しない限り検査を実施しないオプトイン方式38....

文献:Montoy JC,et al.Patient choice in opt-in, active choice, and opt-out HIV screening: randomized clinical trial.BMJ. 2016 Jan 19;532:h6895.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。