m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

妊婦のVD3補充、児の喘鳴予防に益なし

2016年2月9日  ソース:JAMA  カテゴリ: 呼吸器疾患小児科疾患産婦人科疾患

妊娠女性623人を対象に、妊娠24週から産後1週までのビタミンD3補充による出生児の持続性喘鳴リスクに対する効果を無作為化試験で検討。3歳まで追跡できた581人のうち持続性喘鳴と診断された児はVD3補...

文献:Chawes BL,et al.Effect of Vitamin D3 Supplementation During Pregnancy on Risk of Persistent Wheeze in the Offspring A Randomized Clinical Trial.JAMA. 2016 Jan 26;315(4):353-61.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。