m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

不適切抗菌薬処方は医師への介入で減る

2016年2月26日  ソース:JAMA  カテゴリ: 呼吸器疾患感染症投薬に関わる問題

米国の47プライマリケア施設に属する医師248人を対象に、3種の行動介入による急性気道感染における不適切な抗菌薬処方削減効果をクラスター無作為化試験で評価。介入開始時と18カ月後の抗菌薬の平均処方率の...

文献:Meeker D,et al.Effect of Behavioral Interventions on Inappropriate Antibiotic Prescribing Among Primary Care Practices A Randomized Clinical Trial.JAMA. 2016 Feb 9;315(6):562-70.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。