m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

慢性疲労症候群で自殺率7倍

2016年2月26日  ソース:Lancet  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患精神科疾患

英国で慢性疲労症候群と診断された患者2147人を対象に、死亡率を後ろ向きコホート研究で検証。7年の観察期間中に17人が死亡していた。一般集団と比較した慢性疲労症候群患者の性年齢標準化死亡比(SMR)は...

文献:Roberts E,et al.Mortality of people with chronic fatigue syndrome: a retrospective cohort study in England and Wales from the South London and Maudsley NHS Foundation Trust Biomedical Research Centre (SLaM BRC) Clinical Record Interactive Search (CRIS) Register.Lancet. 2016 Feb 9. pii: S0140-6736(15)01223-4. doi: 10.1016/S0140-6736(15)01223-4. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。