m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

子宮細胞診のAGC検出、15年後も高リスク

2016年3月1日  ソース:BMJ  カテゴリ: 産婦人科疾患検査に関わる問題

スウェーデンで23-59歳時の子宮頸部細胞診記録を有する女性305万4328人を対象に、異型腺細胞(AGC)検出後の浸潤子宮頸癌リスクを全国コホート研究で検討。細胞診でAGC検出後の浸潤子宮頸癌発現率...

文献:Wang J,et al.Risk of invasive cervical cancer after atypical glandular cells in cervical screening: nationwide cohort study.BMJ. 2016 Feb 11;352:i276.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。