m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

早産児へのプロバイオ、腸炎防げず

2016年3月7日  ソース:Lancet  カテゴリ: 消化器疾患産婦人科疾患

在胎23-30週で生まれた超早産児1315例を対象に、プロバイオティクス(BifidobacteriumbreveBBG-001)経腸投与の効果を第3相無作為化試験(PiPS試験)で検討。壊死性腸炎の...

文献:Costeloe K,et al.Bifidobacterium breve BBG-001 in very preterm infants: a randomised controlled phase 3 trial.Lancet. 2016 Feb 13;387(10019):649-60.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。