m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

皮膚膿瘍の排膿、ST合剤で治癒率改善

2016年4月4日  ソース:NEJM  カテゴリ: 皮膚疾患救急

救急治療室で単純性皮膚膿瘍の切開排膿を受けた患者を対象に、トリメトプリム・スルファメトキサゾール(ST合剤)7日間投与の効果を無作為化試験で検証。患者の45.3%がMRSA陽性だった。修正ITT集団(...

文献:Talan DA,et al.Trimethoprim–Sulfamethoxazole versus Placebo for Uncomplicated Skin Abscess.N Engl J Med. 2016 Mar 3;374(9):823-32.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。