m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

甲状腺全摘術、年間26件でリスク最小

2016年4月14日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患一般外科疾患

甲状腺全摘術を受けた患者1万6954人のデータから、合併症リスクが最小となる外科医1人当たり年間手術施行数の閾値を検討。外科医1人あたり施行数中央値は年7件で、51%の外科医が年1件のみ施行していた。...

文献:Adam MA,et al.Is There a Minimum Number of Thyroidectomies a Surgeon Should Perform to Optimize Patient Outcomes?Ann Surg. 2016 Mar 8. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。