m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

ヘルニア修復TEP法に軽メッシュの益なし

2016年5月12日  ソース:Ann Surg  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患

初発還納性片側鼠径ヘルニアに対し、腹腔鏡下腹膜外到達法(TEP)修復術を受けた男性患者950人を対象に、軽量メッシュ(Ultrapro)と重量メッシュ(Prolene)を無作為化試験で比較(TULP試...

文献:Burgmans JP et al. Long-term Results of a Randomized Double-blinded Prospective Trial of a Lightweight (Ultrapro) Versus a Heavyweight Mesh (Prolene) in Laparoscopic Total Extraperitoneal Inguinal Hernia Repair (TULP-trial). Ann Surg. 2016 May;263(5):862-6.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。