m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

リスクモデルCT検診で肺癌死回避2割増

2016年5月30日  ソース:JAMA  カテゴリ: 呼吸器疾患検査に関わる問題

肺癌CT検診の対象となる元喫煙者を選別するリスクモデルの有用性を、米国予防医学作業部会(USPSTF)推奨基準と比較して検証。900万人が検診を受けた場合、リスクモデルによる選別では作業部会基準に比べ...

文献:Katki HA et al. Development and Validation of Risk Models to Select Ever-Smokers for CT Lung Cancer Screening. JAMA. 2016 May 15. doi: 10.1001/jama.2016.6255.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。