m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

RCTの抗凝固療法大出血率は評価過小

2016年6月9日  ソース:BMJ  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患脳神経外科疾患

ダビガトランまたはワルファリンの服用を開始した心房細動成人患者約2万例のデータベースから、無作為化比較試験(RCT)で示された血栓塞栓症および大出血の層別イベント発生率と、観察研究から構築した予測モデ...

文献:Wang SV et al. Prediction of rates of thromboembolic and major bleeding outcomes with dabigatran or warfarin among patients with atrial fibrillation: new initiator cohort study. BMJ. 2016 May 24;353:i2607.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。