m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

黄色ブドウ球菌菌血症、兄弟姉妹で5倍

2016年7月26日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 一般内科疾患感染症

黄色ブドウ球菌性菌血症(SAB)での入院歴がある患者の一親等血縁者3万4774人を対象に、SABの家族集積性を全国コホート研究で調査。追跡期間中央値7.8年でのSAB発症率は参照集団に比べ血縁者群で高...

文献:Oestergaard LB et al. Familial Clustering of Staphylococcus aureus Bacteremia in First-Degree Relatives: A Danish Nationwide Cohort Study. Ann Intern Med. 2016 Jul 5. doi: 10.7326/M15-2762.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。