m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

気管支腫瘍クライオ生検の最適検体数

2016年7月28日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 呼吸器疾患検査に関わる問題

気管支腫瘍患者49例を対象に、クライオ生検での最適な検体数を検証。検体数による累積診断感度は1個で82%、2個で93.9%、3個で93.9%、4個で95.9%だった。1個と2個での診断能に有意差が見ら...

文献:Segmen F et al. How many samples would be optimal for endobronchial cryobiopsy? Surg Endosc. 2016 Jul 13. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。