m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

炎症性指標が頸動脈術後認知障害を予測

2016年8月15日  ソース:Ann Surg  カテゴリ: 循環器疾患一般外科疾患脳神経外科疾患

血行再建術(ステント留置術または内膜剥離術)を受けた頸動脈閉塞症患者98例を対象に、術後1カ月および6カ月時の認知機能障害の予測因子を前向き研究で同定。ステント留置と80歳超の高齢は長期にわたる認知機...

文献:Zuniga MC et al. A Prospective Evaluation of Systemic Biomarkers and Cognitive Function Associated with Carotid Revascularization. Ann Surg. 2016 Jul 18. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。