m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

術後腔内感染予測、PCTとCRP差なし

2016年8月22日  ソース:Ann Surg  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患感染症

待機的大腸手術後の腹腔内感染症(IAI)の早期診断におけるプロカルシトニン(PCT)とC反応性タンパク(CRP)の予測能を、11件の試験(対象計2692例)のメタ解析で比較。IAI発生率は8.9%だっ...

文献:Cousin F et al. Diagnostic Accuracy of Procalcitonin and C-reactive Protein for the Early Diagnosis of Intra-abdominal Infection After Elective Colorectal Surgery: A Meta-analysis. Ann Surg. 2016 Aug;264(2):252-6. doi: 10.1097/SLA.0000000000001545.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。