m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

LD顔面麻痺、ステロイドで転帰不良

2016年9月23日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 神経内科疾患耳鼻咽喉科疾患感染症

急性ライム病(LD)による片側顔面神経麻痺(LDFP)患者51例を対象に、抗菌薬単独療法、抗菌薬+副腎皮質ステロイド(2剤併用)、抗菌薬+副腎皮質ステロイド+抗ウイルス薬(3剤併用)の効果を後ろ向きコ...

文献:Jowett N et al.Steroid use in Lyme disease-associated facial palsy is associated with worse long-term outcomes.Laryngoscope. 2016 Sep 6. doi: 10.1002/lary.26273. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。