m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

網膜芽細胞腫、出生前診断が治療に有効

2016年10月24日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 産婦人科疾患

家族性網膜芽細胞腫乳児患者20例を対象に、RB1変異アレルの出生後スクリーニングと出生前スクリーニング(早期分娩)の転帰を後ろ向き観察研究で比較。全児に両眼の腫瘍が確認された。視力を脅かす腫瘍は出生後...

文献:Soliman SE et al.Prenatal versus Postnatal Screening for Familial Retinoblastoma.Ophthalmology. 2016 Oct 1. pii: S0161-6420(16)31032-6. doi: 10.1016/j.ophtha.2016.08.027. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。