m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

OSAS伴う喘息がCPAPで改善

2016年11月11日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 呼吸器疾患アレルギー疾患

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)を伴う喘息患者99例を対象に、持続的気道陽圧(CPAP)療法の喘息転帰改善効果を前向き多施設研究で検証。ITT解析の結果、ベースライン時に比べ6カ月時の喘息管理質問...

文献:Serrano-Pariente J et al.Asthma outcomes improve with continuous positive airway pressure for obstructive sleep apnea.Allergy. 2016 Oct 12. doi: 10.1111/all.13070. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。