m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

HIV妊婦のART、感染減も有害リスク増

2016年11月24日  ソース:NEJM  カテゴリ: 血液疾患産婦人科疾患感染症

HIVに感染した妊娠女性3490例を対象に、HIV母子感染予防における抗レトロウイルス療法(ART)の有用性とリスクを無作為化試験で検証(PROMISE試験)。ジドブジンを用いたART群とテノホビルを...

文献:Fowler MG et al. Benefits and Risks of Antiretroviral Therapy for Perinatal HIV Prevention. N Engl J Med. 2016 Nov 3;375(18):1726-1737.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。