m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

肥満術後の再入院率はLRYGBで高い

2016年12月14日  ソース:Ann Surg  カテゴリ: 消化器疾患内分泌・代謝疾患一般外科疾患

腹腔鏡下肥満手術(調節胃バンディング術:LAGB、スリーブ状胃切除術:LSG、ルーワイ胃バイパス術:LRYGB)施行患者計約13万例を対象に、初回手術後の30日再入院率を検討。再入院率は全体4.4%で...

文献:Berger ER et al. Prevalence and Risk Factors for Bariatric Surgery Readmissions: Findings From 130,007 Admissions in the Metabolic and Bariatric Surgery Accreditation and Quality Improvement Program. Ann Surg. 2016 Nov 15. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。