m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

嚥下障害評価にはFEES検査が感度高

2016年12月14日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患耳鼻咽喉科疾患

成人の口腔咽頭嚥下障害の評価において嚥下内視鏡検査(FEES)とビデオ嚥下造影検査(VFSS)の精度を比較した論文6件のメタ解析を実施。FEES検査はVFSS検査より、誤嚥(0.88vs.0.77;P...

文献:Giraldo-Cadavid LF et al. Accuracy of endoscopic and videofluoroscopic evaluations of swallowing for oropharyngeal dysphagia. Laryngoscope. 2016 Nov 15. doi: 10.1002/lary.26419. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

耳鼻咽喉科疾患関連論文(一覧

Zenker憩室、非切除内視鏡術でも改善(専門誌ピックアップ)

乳児期のカビ曝露で非アレルギー喘息1.8倍(専門誌ピックアップ)

扁桃肥大小さい児、大半でLPW閉塞認めず(専門誌ピックアップ)

鼻出血結紮術、費用効果高いが減少傾向(専門誌ピックアップ)

声帯麻痺のLP植え込み、初試験で良好結果(専門誌ピックアップ)

癌の段階的ケア、費用対効果良好(専門誌ピックアップ)

鼓室形成術の聴覚回復に移植片で差なし(専門誌ピックアップ)

頸椎後弯症で咽頭面積が拡大(専門誌ピックアップ)

頭頸癌のCP治療、PSが予後を予測(専門誌ピックアップ)

小児のEoE、耳鼻科医が早期診断(専門誌ピックアップ)