m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

糖尿病性網膜症の自動検出に目処

2016年12月19日  ソース:JAMA  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患眼科疾患その他

糖尿病性網膜症および黄斑浮腫の兆候をコンピュータで自動検出するための深層学習アルゴリズムの開発および検証を実施。EyePACS-1(患者数4997例、網膜眼底画像9963枚)とMessidor-2(同...

文献:Gulshan V et al. Development and Validation of a Deep Learning Algorithm for Detection of Diabetic Retinopathy in Retinal Fundus Photographs. JAMA. 2016 Dec 13;316(22):2402-2410. doi: 10.1001/jama.2016.17216.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

眼科疾患関連論文(一覧

水晶体度数が糖尿病網膜症に影響か(専門誌ピックアップ)

タクロリムス点眼にステロイド減量効果(専門誌ピックアップ)

ドライアイ、徴候より強い症状の予測因子(専門誌ピックアップ)

コロイデレミア、視力低下の前兆特定(専門誌ピックアップ)

未熟児網膜症、IOHでの検出改善少(専門誌ピックアップ)

錐体密度は緑内障の識別指標にならず(専門誌ピックアップ)

DMEK術、経験数は視力に影響せず(専門誌ピックアップ)

BPESの涙腺体積は有意に少ない(専門誌ピックアップ)

近視リスク、39歳までのUVB曝露が左右(専門誌ピックアップ)

RAO、心手術でのリスク因子特定(専門誌ピックアップ)