m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

子宮内MRIで児脳異常の診断精度向上

2017年1月6日  ソース:Lancet  カテゴリ: 脳神経外科疾患産婦人科疾患検査に関わる問題

出生前診断の精度向上において、超音波検査で脳異常が疑われた胎児に対する子宮内MRI(in-uteroMRI)の有用性を前向きコホート研究で検証(MERIDIAN試験)。妊婦は妊娠18週以上だった。診断...

文献:Griffiths PD et al. Use of MRI in the diagnosis of fetal brain abnormalities in utero (MERIDIAN): a multicentre, prospective cohort study. Lancet. 2016 Dec 14. pii: S0140-6736(16)31723-8. doi: 10.1016/S0140-6736(16)31723-8. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。