m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

線状IgA水疱皮膚症の半数にIgG抗体

2017年1月10日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 皮膚疾患

線状IgA水疱性皮膚症(LABD)は多様性に富み診断基準も統一されていない。そこで、直接免疫蛍光法において基底膜領域にIgA沈着のみが認められるLABD患者の特性を101例の後ろ向き研究で再評価した。...

文献:Ohata C et al. A clinical and serological study of linear IgA bullous dermatosis without linear immunoglobulin deposition other than IgA at the basement membrane zone in direct immunofluorescence. Br J Dermatol. 2016 Dec 11. doi: 10.1111/bjd.15232. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。