m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

線維筋痛症4割に自己免疫性甲状腺疾患【Int J Rheum Dis】

2017年1月16日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患リウマチ整形外科疾患

線維筋痛症候群患者207例を対象に、甲状腺機能検査を実施。69例(37.9%)に自己免疫性甲状腺疾患(AITD)が同定された。抗甲状腺刺激ホルモン受容体抗体(TRAb)の陽性率は20.3%と、既報の対...

文献:Nishioka K et al.High prevalence of anti-TSH receptor antibody in fibromyalgia syndrome.Int J Rheum Dis. 2016 Nov 30. doi: 10.1111/1756-185X.12964. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。