m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

喉頭全摘後の再手術予測因子【Laryngoscope】

2017年1月26日  ソース:Laryngoscope  カテゴリ: 一般外科疾患耳鼻咽喉科疾患

米国外科医師会手術の質改善プログラム(ACS-NSQIP)の患者データ(871例)を対象に、喉頭全摘出術後の入院期間、再手術、再入院の予測因子を後ろ向き研究で検討。入院期間中央値は8.0日で、tota...

文献:Helman SN et al. Predictors of length of stay, reoperation, and readmission following total laryngectomy. Laryngoscope. 2016 Dec 21. doi: 10.1002/lary.26454. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。