m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

全身性肥満細胞症をmasitinibが改善【Lancet】

2017年1月27日  ソース:Lancet  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患

無痛性またはくすぶり型の全身性肥満細胞症患者135例を対象に、チロシンキナーゼ阻害薬masitinibの有効性と安全性を第3相無作為化二重盲検試験で検証。4つの重度症状(そう痒、ほてり、抑うつ、疲労感...

文献:Lortholary O et al. Masitinib for treatment of severely symptomatic indolent systemic mastocytosis: a randomised, placebo-controlled, phase 3 study. Lancet. 2017 Jan 6. pii: S0140-6736(16)31403-9. doi: 10.1016/S0140-6736(16)31403-9. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。