m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

喉頭全摘COPDの新肺機能評価で良好結果【Laryngoscope】

2017年2月6日  ソース:Laryngoscope  カテゴリ: 呼吸器疾患一般外科疾患耳鼻咽喉科疾患

慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者10例を対象に、新規開発のベースプレートアダプター(BPA)システム用いて喉頭全摘出術前後の肺機能を評価。BPAシステムは忍容性良好で、マウスピースと同等の信頼性の高い...

文献:Schönwald C et al. Short-term and long-term follow-up of pulmonary function in patients with COPD after total laryngectomy: A prospective study. Laryngoscope. 2017 Jan 17. doi: 10.1002/lary.26484. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。