m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

造影剤腎症、生食後押しで予防できず【Lancet】

2017年3月7日  ソース:Lancet  カテゴリ: 救急検査に関わる問題

造影剤誘発性腎症リスクの高いeGFR30–59mL/min/1.73m2の18歳以上の患者603例を対象に、造影剤検査後の生理食塩水静脈内投与による腎保護効果を前向きに検討(AMACING...

文献:Nijssen EC et al. Prophylactic hydration to protect renal function from intravascular iodinated contrast material in patients at high risk of contrast-induced nephropathy (AMACING): a prospective, randomised, phase 3, controlled, open-label, non-inferiority trial. Lancet. 2017 Feb 20. pii: S0140-6736(17)30057-0. doi: 10.1016/S0140-6736(17)30057-0. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。