m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

低線量CT検診の発癌リスクは許容範囲【BMJ】

2017年3月10日  ソース:BMJ  カテゴリ: 呼吸器疾患検査に関わる問題

低線量CT肺癌検診試験(COSMOS試験)に参加した5203例の二次解析により、年1回の低線量CT検診による放射線被曝と癌発症リスクを検証。10年目の累積実効線量中央値は男性9.3mSv、女性13.0...

文献:Rampinelli C et al. Exposure to low dose computed tomography for lung cancer screening and risk of cancer: secondary analysis of trial data and risk-benefit analysis. BMJ. 2017 Feb 8;356:j347. doi: 10.1136/bmj.j347.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。