m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

救急医のオピオイド処方強度にばらつき【NEJM】

2017年3月13日  ソース:NEJM  カテゴリ: 救急投薬に関わる問題その他

救急科受診前6カ月以内にオピオイド(OP)使用歴のないメディケア受給者約38万例を対象に、救急医のOP処方パターンと長期使用の関連を後ろ向きに検証。OP処方パターンは強度によって4分位で分類した。救急...

文献:Barnett ML et al. Opioid-Prescribing Patterns of Emergency Physicians and Risk of Long-Term Use. N Engl J Med. 2017 Feb 16;376(7):663-673. doi: 10.1056/NEJMsa1610524.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。