m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

定義変更で敗血症ショックの傾向変化【Chest】

2017年3月17日  ソース:Chest  カテゴリ: 呼吸器疾患感染症救急

2005-14年の10年間における敗血症性ショック発生率および死亡率の傾向を、27病院、入院患者数650万人を対象に調査。臨床的定義に基づく敗血症性ショック(血液培養検査、抗菌薬および昇圧薬の使用)の...

文献:Kadri SS et al. Estimating Ten-Year Trends in Septic Shock Incidence and Mortality in United States Academic Medical Centers Using Clinical Data. Chest. 2017 Feb;151(2):278-285. doi: 10.1016/j.chest.2016.07.010. Epub 2016 Jul 22.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。