m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

慢性疲労症候群、IL-1阻害で改善せず

2017年3月24日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患

機能障害のある重度慢性疲労症候群(CFS)女性患者50例を対象に、インターロイキン-1(IL-1)阻害薬anakinra皮下投与の効果を無作為化試験で検討。投与4週間で疲労レベルが健常者の範囲内まで改...

文献:Roerink ME et al. Cytokine Inhibition in Patients With Chronic Fatigue Syndrome: A Randomized Trial. Ann Intern Med. 2017 Mar 7. doi: 10.7326/M16-2391. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。