m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

ICG蛍光法が大腸切除線決定に有効

2017年4月19日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患その他

左側大腸癌に対し腹腔鏡手術を施行した112例を対象に、ICG蛍光法の定量的評価が術中の近位結腸切除線の決定に有用かを後ろ向き解析で検討。ICG蛍光法で切除線の変更が必要とされた18例では22.2%に吻...

文献:Wada T et al. ICG fluorescence imaging for quantitative evaluation of colonic perfusion in laparoscopic colorectal surgery. Surg Endosc. 2017 Mar 9. doi: 10.1007/s00464-017-5475-3. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。