m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

未熟児網膜症にラニビズマブ注が有効

2017年5月16日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患眼科疾患

一次治療としてラニビズマブ硝子体内注射(IVR)を実施した未熟児網膜症(type1ROP)患者145例(283眼)を対象に、ラニビズマブの解剖学的効果を後ろ向き症例検討で評価。患者の94.0%でIVR...

文献:Huang Q et al. Ranibizumab Injection as Primary Treatment in Patients with Retinopathy of Prematurity: Anatomic Outcomes and Influencing Factors. Ophthalmology. 2017 Apr 12. pii: S0161-6420(16)31697-9. doi: 10.1016/j.ophtha.2017.03.018. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。