m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

人工関節MRSA感染にリファンピシン併用が有効

2017年6月2日  ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ: 一般外科疾患整形外科疾患感染症その他

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)による人工関節周囲感染症(PJI)のマウスモデルで、経口または静注の各種抗菌薬単剤療法と、経口リファンピシンとの併用療法の効果を検討。経口リネゾリド、および検討...

文献:Thompson JM et al. Oral-Only Linezolid-Rifampin Is Highly Effective Compared with Other Antibiotics for Periprosthetic Joint Infection: Study of a Mouse Model. J Bone Joint Surg Am. 2017 Apr 19;99(8):656-665. doi: 10.2106/JBJS.16.01002.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。