m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

生物学的製剤導入でUCの術後が悪化?

2017年6月5日  ソース:Ann Surg  カテゴリ: 消化器疾患

米国ニューヨーク州の行政データベースから1995-2013年に手術を受けた潰瘍性大腸炎患者7070例を対象に、2005年の生物学的製剤導入前後の術後経過を比較。手術を3回以上施行した率は導入前に比べ導...

文献:Abelson JS et al. Higher Surgical Morbidity for Ulcerative Colitis Patients in the Era of Biologics. Ann Surg. 2017 Apr 26. doi: 10.1097/SLA.0000000000002275. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。