m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

IFXのバイオシミラーCT-P13で非劣性確認

2017年6月12日  ソース:Lancet  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患整形外科疾患皮膚疾患投薬に関わる問題

種々の炎症性疾患でインフリキシマブ(IFX)先行品を投与中の患者481例を対象に、バイオシミラーCT-P13に切り替えた場合の治療効果のインフリキシマブに対する非劣性を無作為化試験で検証(NOR-SW...

文献:Jørgensen KK et al. Switching from originator infliximab to biosimilar CT-P13 compared with maintained treatment with originator infliximab (NOR-SWITCH): a 52-week, randomised, double-blind, non-inferiority trial. Lancet. 2017 May 11. pii: S0140-6736(17)30068-5. doi: 10.1016/S0140-6736(17)30068-5. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。