m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

新生児脱臼、受動外旋角度が検出に有用

2017年6月15日  ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ: 小児科疾患整形外科疾患産婦人科疾患

新生児腕神経叢麻痺(BPBP)患者66例の超音波スクリーニング所見を基に、肩関節後方脱臼の有病率と検出指標を後ろ向きにレビュー。29%に脱臼が認められた。脱臼患児では内転動作時の受動外旋平均角度が有意...

文献:Bauer AS et al. Ultrasound Screening for Posterior Shoulder Dislocation in Infants with Persistent Brachial Plexus Birth Palsy. J Bone Joint Surg Am. 2017 May 3;99(9):778-783. doi: 10.2106/JBJS.16.00806.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。