m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

減量胃切術後の漏出予測、指標特定

2017年7月28日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患内分泌・代謝疾患一般外科疾患その他

腹腔鏡下スリーブ状胃切除術を施行した病的肥満患者208例を対象に、術後24時間のステープルラインからの漏出予測における各種パラメータの有効性を前向き試験で検討(ERASプログラム)。CRP9mg/dL...

文献:Ruiz-Tovar J et al. C-reactive protein, fibrinogen, and procalcitonin levels as early markers of staple line leak after laparoscopic sleeve gastrectomy in morbidly obese patients within an Enhanced Recovery After Surgery (ERAS) program. Surg Endosc. 2017 Jun 7. doi: 10.1007/s00464-017-5602-1. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。