m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

肥満が胃癌LADGの予後不良を招く可能性

2017年8月9日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患内分泌・代謝疾患

腹腔鏡補助下幽門側胃切除術(LADG)を受けた胃癌患者243例を対象に、術後転帰に対する肥満の影響を後ろ向き研究で検討。肥満群(BMI25以上)は非肥満群に比べ、手術時間が長く(P=0.007)、推定...

文献:Shimada S et al. Impact of obesity on short- and long-term outcomes of laparoscopy assisted distal gastrectomy for gastric cancer. Surg Endosc. 2017 Jun 27. doi: 10.1007/s00464-017-5684-9. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。