m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

慢性特発性蕁麻疹で生産性低下27%

2017年8月24日  ソース:Allergy  カテゴリ: 一般内科疾患アレルギー疾患皮膚疾患

慢性特発性蕁麻疹(CSU)患者673例を対象にした国際共同観察研究で疾病負担を調査。CSUは睡眠と日常活動を著しく妨げていた。患者の66%が過去12カ月間に血管性浮腫を呈し、これらの患者では健康関連の...

文献:Maurer M et al. The burden of chronic spontaneous urticaria is substantial: Real-world evidence from ASSURE-CSU. Allergy. 2017 May 19. doi: 10.1111/all.13209. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。