m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

敗血症疑い新生児、PCTガイド下治療で抗菌薬減

2017年8月25日  ソース:Lancet  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患救急

敗血症が疑われる新生児1710例を対象に、プロカルシトニン(PCT)値に基づく判断で抗菌薬投与期間が短縮するかを無作為化比較試験で検証(NeoPIns試験)。PCT値ガイド下治療群(866例)では標準...

文献:Stocker M et al. Procalcitonin-guided decision making for duration of antibiotic therapy in neonates with suspected early-onset sepsis: a multicentre, randomised controlled trial (NeoPIns). Lancet. 2017 Jul 12. pii: S0140-6736(17)31444-7. doi: 10.1016/S0140-6736(17)31444-7. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。