m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

閉経骨粗患者でromosozumabが骨密度改善

2017年9月5日  ソース:Lancet  カテゴリ: 一般内科疾患整形外科疾患産婦人科疾患

3年以上ビスフォスフォネート製剤、前年にアレンドロネートを投与された閉経後骨粗鬆症患者415例を対象に、抗スクレロスチンモノクローナル抗体romosozumabの骨密度改善効果を無作為化第3相試験で検...

文献:Langdahl BL et al. Romosozumab (sclerostin monoclonal antibody) versus teriparatide in postmenopausal women with osteoporosis transitioning from oral bisphosphonate therapy: a randomised, open-label, phase 3 trial. Lancet. 2017 Jul 26. pii: S0140-6736(17)31613-6. doi: 10.1016/S0140-6736(17)31613-6. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。