m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

梅毒性ぶどう膜炎の回復は早期の症状改善が鍵

2017年9月19日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 眼科疾患感染症

梅毒性ぶどう膜炎患者66例(95眼)を対象に、ぶどう膜炎の治療成功の予測因子を後ろ向き解析で検証。対象の47%(31例)はヒト免疫不全ウイルス(HIV)陽性だった。対象全例における炎症の消失率は追跡開...

文献:Hoogewoud F et al. Prognostic Factors in Syphilitic Uveitis. Ophthalmology. 2017 Aug 2. pii: S0161-6420(17)30925-9. doi: 10.1016/j.ophtha.2017.06.003. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。