m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

早産児の生存率、重度障害ない25-26週児で向上

2017年9月20日  ソース:BMJ  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患

2011年に在胎22-34週で出生したフランスの早産児5170例を対象に、修正年齢2歳時の神経発達転帰をコホート研究で検証(EPIPAGE-2試験)。1997年の出生児を対照とした。在胎25-26週で...

文献:Pierrat V et al. Neurodevelopmental outcome at 2 years for preterm children born at 22 to 34 weeks' gestation in France in 2011: EPIPAGE-2 cohort study. BMJ. 2017 Aug 16;358:j3448. doi: 10.1136/bmj.j3448.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。