m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

小児の気道異物除去、不顕性誤嚥などが難治リスクに

2017年9月28日  ソース:Laryngoscope  カテゴリ: 小児科疾患一般外科疾患耳鼻咽喉科疾患救急

気管支鏡による気道異物除去術を受けた小児450例の後ろ向き症例集積研究で、難治例となるリスク因子を検討。ICU入室や24時間以上の入院、複数回の気管支鏡検査を受けるなどした難治例は88例あった(19....

文献:Sjogren PP et al. Predictors of complicated airway foreign body extraction. Laryngoscope. 2017 Aug 16. doi: 10.1002/lary.26814. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。