m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

死亡リスク最も低い果物・野菜・豆摂取量判明

2017年10月4日  ソース:Lancet  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患

果物、野菜、豆類の摂取量と心血管疾患および死亡との関連を前向きコホート研究で検証(PURE試験)。中東や南米などを含む18カ国在住で、35-70歳の心血管疾患非罹患者13万5335人を対象とした。果物...

文献:Miller V et al. Fruit, vegetable, and legume intake, and cardiovascular disease and deaths in 18 countries (PURE): a prospective cohort study. Lancet. 2017 Aug 28. pii: S0140-6736(17)32253-5. doi: 10.1016/S0140-6736(17)32253-5. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。