m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

HIVへのbictegravir+合剤で非劣性確認

2017年10月5日  ソース:Lancet  カテゴリ: 一般内科疾患感染症

HIV-1感染で未治療の629例を対象に、インテグラーゼ鎖転移阻害薬bictegravir+エムトリシタビン+テノホビル・アラフェナミド合剤の効果を、第3相の実薬対照非劣性試験(GS-US-380-1...

文献:Gallant J et al. Bictegravir, emtricitabine, and tenofovir alafenamide versus dolutegravir, abacavir, and lamivudine for initial treatment of HIV-1 infection (GS-US-380-1489): a double-blind, multicentre, phase 3, randomised controlled non-inferiority trial. Lancet. 2017 Aug 31. pii: S0140-6736(17)32299-7. doi: 10.1016/S0140-6736(17)32299-7. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。