m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

大腸癌切除術、ラパロと開腹の転帰等

2017年10月6日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患その他

2008-15年に腹腔鏡下または開腹による切除術を受けたpT4大腸癌患者147例を対象に、腫瘍学的転帰を後ろ向きに検証。手術時間、失血量、入院期間は腹腔鏡下群で有意に軽減されていた。手術合併症の発症率...

文献:Leon P et al. Oncologic outcomes following laparoscopic colon cancer resection for T4 lesions: a case-control analysis of 7-years' experience. Surg Endosc. 2017 Aug 25. doi: 10.1007/s00464-017-5784-6. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。